介護,福祉,医療現場の悩み

スポンサーリンク





  • 介護の仕事を辞めたい
  • 介護の仕事に未経験で挑戦したい!

慢性的な人手不足として知られている医療、介護の業界。

賃金の見直しが何度も入っているのに、辞める人は多い。

なぜそんなに介護職を辞める人が多いのか?

さらに、「辞めて異業種に転職して良かった」という声は9割以上という調査結果も2021年に公開された。

介護の仕事関連記事。

介護の仕事はきつい,大変

スポンサーリンク




介護職はきつい!想像以上に大変と嘆く人の悩み

ずっと続ける人もいるけれど、辞める人が多いストレスの原因と向き合い方をご紹介していきます。

今回の記事では、介護職はやめたほうがいいと現場経験者が語る理由を以下の目次で解説しています。

介護の仕事を辞めたい理由

職場を変えても変わらないもの

介護職をやめてよかった!口コミ

介護職から異業種転職を目指すコツ


スポンサーリンク





介護の仕事を辞めたい理由

辞めたい

介護の私語を辞める人の理由は、10年、20年経っても変わりません。

  • 人間関係
  • 生活リズム
  • 給料や待遇が悪い
  • 体力的にきつい
  • 理想と現実のギャップ
  • ストレス

順にご紹介していきます。

人間関係

人間関係

  • 同僚や部下の仕事で、暴力や暴言を目にした
  • 先輩社員のパワハラ、モラハラ、マタハラ、セクハラ
  • 利用者からの暴力や暴言

人間関係に疲れたという人の大半が「スタッフ同士」又は「経営陣と考え方が合わない」という悩み。

生活リズム

生活リズム

  • 早番が早すぎる
  • 遅番が遅すぎる
  • 夜勤の回数がどんどん増えていく

シフト制なのは理解している。

しかし、人手不足による夜勤の偏りや残業が多いなど過酷な労働時間や生活リズムによる体調不良も多い。

給料や待遇が悪い

給料が少ない

  • 1回の夜勤手当が少ない
  • リーダー職など役職手当と仕事の量が合っていない
  • 将来子供を養えるとは思えない

など月収、年収、賞与などの待遇でも不満の声は多い。

介護リーダー辞めたい人の悩みや口コミ|むいてない人の特徴

体力的にきつい

体力勝負

介護職は、肉体労働であり、体力勝負。

技術がある有資格者でも体力に限界を感じて退職を希望する人は多い。

介護助手の仕事はきついし辛い口コミ|失業リスクの低い仕事の探し方

理想と現実のギャップ

理想と現実

介護業界は、おじいちゃん、おばあちゃんのことが好きな人なら誰でもできる!なんてのは嘘。

肉体的にも精神的にも相当タフな人や鈍感な人でなければ続かない。

もしくは、介護の仕事を報酬関係なく好きといえる人。

それ以外は、たいていが辞めていく。

  • 現実のサービス内容に疑問が多い
  • 自分の気持ちを偽るのが嫌になった

等の声も多い。

ストレス

ストレス

常に人と接する仕事。

でも医療や介護は、命の危険と直面する。

  • 事故防止
  • 反省文
  • 研修や実習資
  • 格取得

施設内の設備環境の見直しをするよりも個人のスキルアップばかりを要求する施設運営も多い。

結果的に、労働者側が疲れてしまう。

不測の事態を想定するというのも、起きやすい環境なら、経営者側が積極的に設備投資を行うべき点もある。

それを見過ごして、問題が起こった時に社員の責任にする。

こんな状況に疲れてしまう社員も多い。

 

職場を変えても変わらないもの

介護の職場を変えても同じ

人間関係はどこもかわらない。

アットホーム?良好な関係?それは似たものばかりが集まっているだけというケースも多い。

  • 逆らわない
  • 意見をしない
  • 仕事だけできればいい
  • 自分から職場に求めることはない

正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど労働条件を問わず、文句を言わない人ならやっていける。

 

介護職をやめてよかった!口コミ

口コミ,評判

口コミ

介護やめてよかった

介護職から異業種転職を目指すコツ

介護職から異業種転職

  • 施設を変えてもあまり変わらない
  • 給料面を重視するとプレッシャーがすごい!
  • 賞与を期待しても頭打ちが決まっている

辞めるならいつがいいのか?

この答えは非常にシンプル。

今スグです!

なぜかをご紹介していきます。

介護業界は出戻り大歓迎

出戻り

正直、介護業界は一度資格を取ればいつでも出戻りができる。

それほどまでに人材が不足している。

異業種転職は年齢が勝負

年齢制限

  • 30歳以下
  • 35歳以下
  • 38歳以下
  • 40歳以下

求人を見ると、「年齢制限」を掲載している会社が増えた。

つまり、異業種転職をするなら早い方がいい。

コロナ禍でも独立や起業を考えられる仕事は多い。

特に注目されているのが、動画編集やエンジニア等のパソコン関係の専門職。

これからは人が減る。

その代わりPCを使った業務は一気に加速する。

だったら、手に職を考える人は、パソコンを使った仕事を探すほうが近道。

人と接するのは疲れる。

人間関係がしんどい。

こんな悩みから解放されるためにも早めの転職をするのが大切。

スポンサーリンク





コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。