介護,福祉,医療現場の悩み

自社応募で積極的に採用ができればそれ以上のことはない。定期的に必要な時だけ募集を出して、外部の求人広告を極力使用しない状況でも採用が可能なのが理想。

今の時代はそんなことを言っている場合ではないと多くの会社が口を揃えている。

一般の企業でも人材を確保するにはコストを書けないと応募が来ないという声が聞こえてくる時代です。

しかし、その問題をどうにかする方法があるとしたら?

日常の業務をこなしている中で、問合せが増えていくような仕組みづくりをする事は決して難しい事ではありません。

静岡の介護採用コスト一人当たりの目標

 

弊社がサービスをご説明する際にお伝えしているのは、一人あたり30万円以内が普通だとおつたえしております。

自社サイトから応募が来て、面接を実施して、採用になる。この流れは決して難しい問題ではないのです。

問題とすべき点を誤解している

ただ単にサイトを作って求人を掲載していれば反応があると思っている法人様は非常に多いです。

しかし、これではただあるだけで結果が出せる内容とは言えないページが近年増えていると弊社ではお伝えしています。

何が違うのか?

その違いこそ、弊社が広告として代行をさせていただく際のサービスの中に含まれている特徴なのです。

 

静岡の介護採用コスト一人当たりの計算方法

 

実質毎月かかる広告代行費用と応募をされた人数で計算を割り出します。

つまりは、それまでにかかった広告費用÷採用人数で計算をしていくのです。

この計算で対応させていただいております。

 

静岡の介護採用コスト一人当たりの見直し方

 

すぐにでも転職したい求職者が実際にサイトを利用してもらうことが理想のはずです。

いつ転職をするかわからないけど情報を集めるために閲覧している。

こうした方がかなり増加しているのです。つまり、あくまで多くのユーザーは調査をしている感覚。

自分の現在の状況や内容が恵まれているのかそれとも転職をしたほうが得をするのかを考えていると思っているほうが良いのだと私は現場にいた際に感じました。

ではどうしたら良いのか?

それは、検索をする多くの対象者の中から上手に絞り込みをするという事が重要になります。

求人広告専用ホームページ作成

まずはじめに必要なのが、施設名をきちんと明記した公式の求職者向けのWebサイトを作成します。

現在そのページがあるのに、機能していないというケースは見直しをしなければいけない点が多々あると思います。

簡単に言えば、ミスマッチになっているという事です。

求職者が必要とするのは何でしょうか?

  • 離職率?
  • 年収や月収?
  • 夜勤や早番、遅番などの発生頻度?
  • 労働時間?
  • 休日日数?

ただ簡単にハローワークに掲載している内容を掲載するだけで応募が増えるなら、わざわざ誰の支援も必要ないはずではないでしょうか?

そうではない現場にいるからこそ伝えなければいけないことを早期に見極めることが重要になります。

それが、広告による費用対効果を高くするための手法となります。

採用コストを抑えるための内部戦略

人事担当者にとって、頭が痛いのは、採用コストだけではありません。

採用後に実際誰がどのくらいの期間でどのような教育や新人指導を行うのか?

このような点にも時間がかかり、結果として1年も経たない間に他社との比較を始めてしまうような傾向もあります。

ですから、この新人育成の部分にもきちんと目を向けて対処をしておく必要があります。

介護は特殊な仕事ではありません。人に携わる事にやりがいを持つという人であれば、新卒でも未経験の中途採用の方でも必ずやりがいを見出すことが出来る環境があります。

しかし、それを自社の社員が新人に対して厳しい判断をしすぎてしまうと風当たりが強いことで、新卒等はすぐに辞めてしまうケースが増えています。

きちんとこうした内容の詳細を確認しながら、人材を確保した先の育成向けにも力を入れていただくための講師の依頼なども弊社ではお受けしております。

 

静岡の介護採用コストを抑える広告運用費

では実際に、弊社で介護の人材募集や離職率改善のためのセミナーや講座を依頼された際に発生する費用をご紹介していきます。

項目 費用 契約期間
採用ページ制作費用 5万円~15万円
法人の規模等により変動
なし
募集広告運用代行費用 月額5万円 6ヶ月
新人育成研修講師依頼 1回5万円 スポット可

以上のような内容で対応をしております。

具体的な手段やアピール方法については、ご契約をいただく前に必ずご面談にてご説明をさせて頂きます。

seo対策をするだけでは難しくなってきた現代社会。しかし、必ず今の時点での人数の確保は難しいとは言い切れません。

問題の解決方法は必ずあるのです。資格を持つ人たちにとって、一番気になることをきちんと把握してる会社に依頼をすることが大切です。

業種が違うから、業界の事は全くわからないというような状態でただ電話やメールでのやりとりをしただけで伝わらないというご心配は不要です。

医療介護の現場を中心にwebサイト業務の実務経験を積み上げてきたからこそ、以下の点にもこだわっております。

  • 何をアピールするべきなのか?
  • 入力フォームには何を用意するべきなのか?

こうした細かい点を最近の傾向と対策として考慮しながら原稿を作り上げていきます。

気になる点や一度話を聞いてみたいという場合は、いつでもお気軽にご連絡下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。