介護,福祉,医療現場の悩み

スポンサーリンク



  • 介護業界は常に求人を募集している。
  • 安定した需要があることもわかっている

でも低賃金なのは昔から何も変わっていない。

処遇改善等加算がされているはずなのに、賃金は安いまま。

介護報酬を含めた介護保険制度が放置されていることも大きな要因になっています。

だからこそ、有資格者になった人材も将来性がないと感じてしまう人が現場を去っている。

今回の記事では、介護職が転職で高収入を得る方法について、以下の目次で解説しています。

高収入とは?

高収入の仕事の探し方

高収入の雇用形態

介護職平均年収比較

職種別年収相場

高収入の仕事を探す時の注意点

介護職で年収500万円以上稼ぐ方法

スポンサーリンク


高収入とは?

高収入

スポンサーリンク




令和2年度における介護従事者処遇等調査結果によると、介護職の平均月収は21.8万円。

ボーナスが年間70万円から100万円。

年収換算では、350万円前後となります。

若者の間では年収400万円が高給取り

高年収といえば、あなたはいくらを想像しますか?

年収700万円、800万円、1000万円?このようなイメージをする人は多いのでは?

しかし、SNS上ではこの認識は薄れています。

日本人が貧乏になってきている現実

少し前は年収500万円が高給という認識だった。

しかし、地方の中小企業では正社員でも年収300万円いく求人がマレになった。

地方スーパーでは、週休2日で手取り二桁いかないというのが普通の時代。

400万円ですら、夢のまた夢という声が出てきているのです。

年収400万円は、月収にすれば、月収25万円です。

手取りなら、20万円程度です。

この収入であれば、介護職でも十分可能な範囲です。

 

高収入の仕事の探し方

求人を探す時にハローワークや新聞の折り込みで探す人は少ない。

求人サイトや転職サイトを利用する人は多くなった。

求人サイトの選び方

求人広告サイトを見ると、支給額が高い求人を見かけることもあります。

しかし、最も効率的なのは、施設の公式ページを見る事。

公式ページから応募するメリット

公式ページの運営は、広告経費が発生しません。

採用した際の手数料も発生しません。

施設によっては、入職お祝い金の支給をしていることもあります。

つまり、収入を一過性でも増やすことが可能です。

 

高収入の雇用形態

高収入にこだわる方なら、どんな働き方が良いのでしょうか?

雇用形態の種類

介護の業界でも以下のような働き方があります。

  • パート、アルバイト
  • 派遣社員
  • 正社員

以前なら、正社員のほうが稼げるという声が多かった。

しかし、最近は「土日を休みたい」とか「希望休がある」という人も多くなりました。

結果的に、正社員は難しい人が派遣社員として働く道を選ぶ。

派遣社員のメリット

  • 社会保険の加入は可能です。
  • 時給は正社員の時給換算よりも高い計算になります。
  • 残業も発生しにくい

こうした条件から、「みなし残業代込」の仕事を辞めてよかったという人も多くなっています。

ボーナスや退職金が無かったとしても、月収としてはほとんど変わらない、またはむしろ増えたという声も聞こえてきます。

 

介護職平均年収比較

介護職は他の資格者と比べてどのくらい年収が低いのか?

ケアマネージャー:393万円

福祉施設介護職員:346万円

介護職員の男女差

男性の平均年収:371万円

女性の平均年収:332万円

将来性はあるのか?

福祉介護の平均年収

2010年から2019年までを見ても、最高月収は40万円ほどアップしています。

9年間ですから、年間43000円ずつ年収がアップしている計算になります。

このくらいのペースで昇給しているなら、将来は在籍する価値があるかもしれません。

しかし、そんなに上がっていると感じないからこそ、異業種に転職する人が多くなっているのでは?

40代で介護から転職したいベテラン,有資格者の悩み

資格種類別平均時給ランキング

未経験の人も資格を取れば、将来稼げるようになるのか?

この答えもご紹介していきます。

東京の施設別時給をご紹介します。

資格 平均年収
ホームヘルパー2級 358万円
ホームヘルパー1級 351万円
初任者研修 343万円
介護福祉士 340万円
実務者研修 330万円
社会福祉士 328万円
精神保健福祉士 323万円
社会福祉主事 322万円
ケアマネージャー 322万円

上記のデータを見て感じることは一つですね。

将来ケアマネになっても現場にいる時より稼げない。

この現実が絶望的な未来しかないと思わせる要因になっているのです。

肉体的にも限界が来る。

ずっと夜勤を続ける体力はない。

将来結婚して、子どもが生まれたら、奥さんは現場に復帰するのは難しい。

こんな状態に追い込まれてしまうからこそ、結果的に介護という仕事そのものを辞めたいという声が多いのです。

デイサービス、特別養護老人ホーム、

高収入の仕事を探す時の注意点

高収入になるには選択肢が少ないのです。

夜勤専従になる

以前よりも稼げるようになった働き方があります。

それが、夜勤専従という考え方。

50代60代の女性でも夜勤専門のほうが体が楽という人もいます。

もちろん、すべての施設で募集しているとは言いきれません。

しかし、稼げる方法を探す人には一つの選択肢として調べる価値がある働き方です。

副業をする

Wワークは原則禁止とされている施設では難しいかもしれません。

しかし、副業を可能とするなら、何もない日に少しでもお金を稼げる他の仕事を探すという選択肢も可能な時代になりました。

異業種に転職する

高収入の企業は異業種であれば見つかるかもしれません。

コロナ禍でも大量募集をしている企業はいろいろあります。

自分がやってみたい仕事があれば、挑戦してみるのもアリかもしれません。

介護職で年収500万円以上稼ぐ方法

介護職で年収500万円以上を稼ぐことは現在の平均相場では難しいでしょう。

実際に稼いでいる人がいるとしてもそれはかなり高待遇になっている一部のスタッフのみ。

母体の規模も重要な要素になります。

そのため、地方で働く人にとっては、関係のない分野かもしれません。

他にも独立、起業をするという選択肢もありますが、具体的なサービス内容を考えると、正直現実的ではないでしょう。

稼ぐ方法を模索するなら、胃腸種転職を視野に入れて、年齢と体力と照らし合わせて探すことをおすすめします。

参考資料

年収ガイド

スポンサーリンク



 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。