介護,福祉,医療現場の悩み

スポンサーリンク





  • 介護助手の仕事がこんなにきついと思っていなかった
  • 介護助手の仕事は辛い
  • もう無理かも!
  • 早く辞めたい!

介護の仕事を未経験で始めた人の中には、1日や半日で辞める人も少なくない。

介護職1日で退職する人の特徴

スポンサーリンク




介護職未経験者1日,1ヶ月で辞めたい理由|やばい施設の特徴

今回の記事では、介護助手の仕事がきついという悩みについて、以下の目次で解説しています。

介護助手とは?

介護助手の仕事内容

介護士の仕事はさらにきつい?

介護の仕事がきつい,大変といわれる理由

介護の仕事のやりがい

介護の仕事を続けるメリット


スポンサーリンク





介護助手とは?

介護助手とは

介護助手とは、介護保険施設や事業所で就業します。

特徴

介護助手の特徴

介護職員をサポートする職種。

存在価値

介護助手の存在価値

以下の目的があります。

  1. 介護人材の確保
  2. 介護業務の質の向上
  3. 高齢者の就労や健康づくり

順にご紹介していきます。

介護人材の確保

介護人材

比較的簡単な単純作業が中心。

介護人材の不足は深刻化しています。

少しでも介護職員の職務を軽減する狙いがあります。

しかし、現実としては、導入してからのOJT担当職員の不足、役割の確認が難しい。

結果的に、正社員が楽をするために介護助手を使うという流れがまん延するリスクもあります。

 

介護助手の仕事内容

介護助手の仕事内容

介護助手には、何ができるのでしょうか?

職務内容

介護助手の職務

  • 身体介護以外の業務

利用者の食事介助、排せつ、入浴の介助など身体に触れる介護の仕事は、介護職員初任者k寝臭(ヘルパー2級相当)以上の資格者が行う。

つまり、話し相手になったり、皆森、趣味活動のお手伝いをすることが業務となります。

他にも、備品の準備や清掃、片付け等を行うことが可能です。

口コミ、評判

口コミ,評判

肉体労働だった


セクハラがひどい

つまり、経営者や幹部の中には、介護助手をスタッフとして育成する立場にある人材という認識がない。

つまり、OJT等の育成環境は整っているとは言えない。

こんな状態の職場があるのに、「人材確保」として作り上げるのはどうかと思います。

 

介護士の仕事はさらにきつい?

仕事がきつい

介護の仕事は肉体労働が中心。

  • 体力勝負
  • 人間関係
  • パワハラ、モラハラ

こうしたことに悩む人は多い。

介護士の仕事内容

介護士仕事内容

介護士は、食事や入浴、排せつの介助など日常生活のサポートを行うことは当たり前。

さらに、必要に応じて、買い物や施設のイベント準備なども手掛ける。

とくに、レクリエーションの企画や運営がいやで、施設ではなく、デイサービスなどで働きたいという女性も少なくない。

介護職はきつい!想像以上に大変と嘆く人の悩み

離職率は高い

介護職離職率

介護職員の離職率は、16%台。

この数字よりも辞めたい理由のほうが重要。

中でも断トツで多いのが、人間関係。

さらに、収入が少なかったという声が続く。

4割以上の人は、介護現場がきついと判断しているのです。

40代の転職|介護業界に多い悩みまとめ

介護の仕事がきつい,大変といわれる理由

介護の仕事はきつい,大変

介護士の仕事がきついといわれる背景はシンプル。

  • 人手不足
  • 利用者との人間関係
  • 体力仕事

順にご紹介していきます。

人手不足

人手不足

いくら現場で人手不足を経営サイドに伝えていてもなかなか人材が集まらない。

なぜか?

その原因には、以下のような相談が多い。

  • 他の事業所がライバルになっている(労働条件の比較)
  • 多業種との比較をされると条件が良くない

つまり、介護施設同士の比較で負けてしまう施設には、人が集まりにくい状態になっている。

しかし、慢性的な人手不足となっている場合は、それ以外の可能性もあります。

人間関係

人間関係

介護の仕事は、利用者との人間関係が欠かせない。

認知症だけではありません。

  • 病気
  • 生活の不自由さ(介護度)
  • 痛みやかゆみの訴え
  • 奇声や大声等を発する

こうした対処において、「合わない」と感じてしまうケースもあります。

利用者だけでなく、事業所や施設内の人間関係でも派閥やドンのような存在と合わないことで問題が発生する可能性もあります。

体力仕事

体力

介護の仕事は、何よりも体力が必須。

接客や販売の立ち仕事とはまた違った体力が必要です。

  • 入浴や着替えの介助
  • ベッドや車いすなどの移乗
  • 排泄介助

身体的な介助を行うには、筋肉の使い方などにも特徴があります。

慣れるまでの間に腰痛やヘルニアなどを訴えてやめていく人は一定数存在します。

介護の仕事のやりがい

仕事のやりがい

きついけどやりがいがないとはいえない。

ずっと続けている人は何を励みに続けているのでしょうか?

人から直接感謝される

感謝される仕事

  • ありがとう
  • お疲れ様
  • あなたで良かった

感謝の意を伝えられることは人の仕事のやりがいになる。

ご家族から「いつもありがとう」と声をかけられることもあります。

面倒を見てもらっているという気持ちは、家族をはじめ、多くの人が実感している。

つまり、介護士の仕事は、人に感謝させる機会が多いからこそ、やりがいがあるという人はいます。

 

介護の仕事を続けるメリット

メリット

介護士としての仕事を続けるメリットはあります。

  • キャリアアップ
  • 失業リスクが低い
  • 今より稼げる可能性

順にご紹介していきます。

キャリアアップ

キャリアアップ

キャリアとは、積み重ねた実地の経験を意味します。

  • 特定の試験に合格している
  • 施設での経験

これらは、次の資格を目指すことも可能になっていきます。

3年以上の実務経験者では、事務t者研修、その後は介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格を目指すことが可能になります。

事業所によっては、資格取得のサポートを行っているケースもあります。

失業リスクが低い

失業リスクの低い仕事

超高齢化社会となっている日本。

介護を必要とする高齢者は増え続けている。

結果、介護職員は売り手市場となっている。

つまり、職を失うリスクは非常に低い職業のひとつです。

今より稼げる可能性

今より稼げる

国からの支援やバックアップも多くなっています。

  • 介護職員等特定処遇改善加算
  • 介護報酬改定

こうした動きから、今の仕事で収入がアップする可能性がある仕事といえます。

介護職員は確かにきついです。

でもその分、他の仕事にはないやりがいや達成感もあります。

実務経験を積み上げ、資格を取得したい。

この気持ちが強い人には続けやすい仕事といえます。

スポンサーリンク





コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。