介護求人媒体|静岡は差別化の時代

このページでご案内をさせていただきたいサービスは、完全差別化を図るための考え方。

以下のような方法ではもう既に現場では限界の声が響き渡っている。

  • 大手求人サイトや転職サイトへの掲載
  • 駅、コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどで配布されている紙媒体
  • 静岡県内東部、中部、西部の各エリアで展開されているフリーペーパーの広告枠への掲載

いずれの方法も過去には簡単に集客につながったサービスも多い。

しかし、スマホ主流になった現代ではもう紙をあえて手にする人すら減少傾向。

ペーパーレス化の時代に、なぜあえて紙媒体を必要としなければいけないのか?という疑問の声すら出ている。

医療介護だけではない、現代は深刻な人材不足に悩む会社や企業が増えた状況。

中でも、介護業界はサービス提供の根幹部分に介護福祉士や看護師の人員が介護点数にも影響を与える。

だからこそ、人手不足はそのまま経営難や閉鎖といった将来につながる可能性すら懸念しなければいけない問題。

では具体的にどのようにすれば差別化ができるのか?

弊社が提供しているサービスをご紹介していきます。

介護求人媒体静岡でのアイデア①動画

北海道、東北、北陸、甲信越、関東、関西、中国四国、九州、沖縄。

日本全国各地で人手不足が問題になっている日本。

しかし、多くの人は転職を希望し職を求めている。

ではこの人たちはいったいどんな場所で求人情報を探しているのか?

転職活動する者の意識が変わった

一昔前なら、自分でキーワードを入力して検索。

検索の結果に出てくるサイトの中でも正社員やアルバイト、パート、派遣それぞれの求人情報が多い自分が登録してあるサービスを利用。

これが従来だった。

しかし、今はもう探す事すら手間に感じているケースがある。

応募をすると簡単に採用になってしまうのが分かっている。

これが介護や福祉などの専門サービスで転職を考えている人の声。

結果、誰にも相談できない代わりに、彼らは何を見ているのか?

それが、実際に働いた事のあるスタッフ経験者の声。

つまりは、YOUTUBE等の動画視聴である。

近年は、人の行動をルーティンワークとして、楽しんでいるという声も多いのをご存じでしょうか?

お仕事探しをしている時、実際にその職場で働く人たちがどんな生活をしているのか?

こういう内容を条件等よりも必要としている人が増えている。

だからこそ、弊社ではYOUTUBE動画制作のサービスも提供しているのです。

YOUTUBE動画求人広告の費用

法人として、きちんと働く人を紹介したいと考えるなら、企業PR用という大掛かりな仕事のご依頼となるのが特徴。

  • ドローンの活用
  • 撮影スタッフの動員
  • インタビュー記事作成
  • 照明などのサービススタッフ動員

このような大規模な撮影を東京都内などでは、もう既に当たり前のように行っているのが現実。

土日に職員の中でも厳選した者にインタビューを行い、仕事の風景を撮影する。

こうした努力をする事で、ネットを利用する人たちがよりリアルな詳細を知る事が可能になる。

業務をイメージできる場所が勝つ

動画というのはなぜそこまで人の心を動かすのか?

その答えは、音と雰囲気。

介護職を生きがいにしている人達はそもそも月給に対して強い執着を持っているわけではありません。

それは、私の親友であった故人も同じことを口にしていました。

介護は、人とのつながりが密接になる最も人に近い仕事。

お金じゃないんだよな。やっぱりその仕事が好きでその施設で働きたいからそこにいるんだよ。

この言葉は、15年以上同じ職場でずっと介護の現場に携わっていた私の親友が亡くなる1年前に口にしていたセリフ。

この言葉は、妻帯者で扶養者有の男性が口にした言葉だったからこそ、本当の意味で心に響いてきた。

そんな彼とこれからの静岡県の介護事業について、こんな話をしていた。

なぜもっと活躍中の現場のスタッフを輝かせる活動をしないのだろうか?

確かに社会は、使う者と使われている者に分かれている。

しかし、今その場で働いている人たちが放つ輝きはもっと多くのホームページで活かすべきだと私は思っている。

それが、もちろん個人の法人への情熱や熱意だったりするのだと思う。

出演okとする勇気は想像もできない。

でもそれを了承するだけの人にはそこまで高い給与が支払われていることが条件という事ではありません。

そういうオファーを心から歓迎する。

もっとこれからの医療や介護の仕事を盛り上げていきたい。

こんな志を持ってくれている人がいる職場を今の現場にいる担当者は見えているでしょうか?

介護求人媒体静岡でのアイデア➁SEO

Googleの検索結果に対するシステム変更が盛んにおこなわれていた2019年。

多くのサイトがこの影響を受けていた。

デイサービス、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、小規模多機能、グループホーム、病院、介護老人保健施設、訪問介護。

それぞれを運営する法人にとっては、次から次にオープンさせて働く人を必死に集める活動をしている。

しかし、地元で働く人向けの情報配信をどこまで充実させることができているでしょうか?

ただ単にその時期に過去の掲載の実績を見て、同じように問い合わせをして今の制度に合わせる職員募集を行っていませんか?

それは、社員を集めるための活動としては古いのです。

例えオープニングスタッフ募集でも今は問合せすらほとんど来ないような時代です。

ネット利用者が求める情報はほぼ転職サイトにあるという考え方そのものが古い。

もっとその人にぴったりの情報の提供方法を考える。

これが静岡県内で生き残るためには必要な発想だとお伝えしたい。

PAGE TOP