介護,福祉,医療現場の悩み
  • 求人を出しても人が集まらない。
  • 公式ページや求人サイトも制作会社に依頼した
  • 転職サイトにも複数掲載している
  • 人材紹介会社や派遣に依存したくない

自社募集で採用をすれば、経費は抑えられる。

せっかく入社してくれる人がいるのに、転職サイトを見る度に人材紹介会社に登録になってしまっている現実。

一人採用単価の高騰化の原因についてもご紹介しています。

介護の採用単価はいくら?静岡での打開策

しかし、静岡県内での介護、医療の人材(職員)募集はまだまだできることが眠っています。

まだ多くの施設様が気付いていないことがあります。

なぜ問い合わせが無いのか?

どうして応募は、他社を通じてなら来るのか?

こうした内容についても触れながら、来ない理由と解決策をご紹介していきます。

介護業界は人手不足?

現場において、人材が不足していると嘆く施設様は多数ございます。

もちろん、その理由はさまざまな課題を抱えていらっしゃいます。

  • 教育機関や研修の仕組みが成り立っていない点
  • 早期退職や離職率改善が求められている現場
  • 賃金の低い状況が続く経営難な状況
  • 点数確保のために介護福祉士などの有資格者に負担を背負わせている現実

いくら処遇改善手当や加算といった制度が整っていてもなかなか現場での職員の不安や不満の声は収まらない。

辞めてしまう人が多いから、紹介会社のいいカモみたいになっている状況。

こんな言葉を口にする事業所様が増えているのが残念。

ではどうすればよいのでしょうか?

介護採用困難の原因

多くの事業所の採用担当者または人事担当者の方は気付き始めています。

無料掲載のサイトの上位に掲載されているのが人材紹介会社の広告。

こんな仕組みを次から次に見せられて歯がゆい思いをしている施設様が増えている。

現場をバカにしている。

こうした求人広告の状況を受け入れなければいけないというのはおかしい。

確かにその通りだと私は感じました。

であれば、その状況を不要とする環境を用意すればよいのではないでしょうか?

この答えは、介護事業を行う事業所様のページがきちんと転職サイト等の企業ページよりも上位又は適切な相手に届けばよいのです。

損な方法があったらとっくに行っている。

本当にそうでしょうか?

弊社ではその内容をサービスとして提供をしております。

しかし、この内容をお聞きになった事業所様の中で、既にその方法を知った上で取り組んでいないという回答は今のところゼロ。

これが現場を知る中で、同じ職種や業種で人材を定着させていた場所と現状も難しいと悩む施設の差になっているのです。

介護採用困難打開策費用

「そんな難しい事を行ったらさぞ費用も高いのでは?」

こんな悩みを抱えている介護施設様が圧倒的に多いと思います。

しかし、弊社がご案内している方法は、半年で約30万円から40万円。

この単価で従業員を1名以上採用を体験していただけると思っています。

それだけの根拠はどこにある?

この内容は実際に弊社のサービス化をする以前に、深刻な状況だった環境から脱出させたことがきっかけです。

労働環境は変えておりません。

体験なども一切行っておりません。

必要な事を行っておけば、なぜか簡単に特定の数の人は、応募をいただけているのです。

この点は、正直どの業種で働く男性女性でも同じ行動を取ると確信しています。

自分の思い込みを捨てる

「介護の仕事を探す人はどうやって求人を見つけているのだろうか?」

私も現場にいた時には、会社の中のことを行いながら、各広告代理店と話をしていた立場。

掲載期間や量、料金を比べてはより量の多い内容に投資を続けていました。

この時の感覚は、以下の通り。

  • 同じ費用を払うなら、少しでも多くの人の目に触れるほうが得。

この感覚がそもそもの間違いだったと気づいたのです。

今スマホなどを利用する人は平均何時間の利用をしているのでしょうか?

従業員にも聞いてみてください。

この結果は、少子高齢化に伴い、高齢者になった世代まで広がりを見せ始めている時代。

情報取得という言葉がもし仮に適切にされているなら、正直もっと人は仕事に困っていないと思います。

自分の希望する就業場所が見つからない。

この答えが条件や内容、通勤距離等さまざまな条件から不一致になっている。

だからこそ、転職サポートのような企業が入っても応募する人が少ない。

この課題をクリアしない限りずっと同じ状態が続きます。

費用対効果を意識した広報活動

弊社は常に費用対効果を考えて回答をしています。

課題として挙げていくべき内容とその問題を解決をするための道筋は求人に関しては今の時点では、この方法ただ1つと言っても過言ではありません。

基本として、人は一定の水準を自分の中で掲げた状態で求人情報を探します。

ただ働ける場所を探しているわけではありません。

そして、その先にある指導環境や不満の声等もじっくり探しているのです。

ではそういう人たちがいることを知っていてなぜその問題に対してのアプローチをしないのでしょうか?

その答えは、そういうサービスがあると誰かが言わないから。

知ったらきっとその商品の魅力も他と比較する対象がない事も伝わると思います。

世代もライフスタイルも全てが重要な情報の1つ。

とにかくこれらすべてを数値化した上で、広告経費を少なくして、効率のよい相手に適切に求人をご案内する。

このサービスが弊社の求人代行サービスとなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。