介護,福祉,医療現場の悩み

飲食店、小売り、販売、営業職、事務職、IT系、その他の有資格者の専門職。

さまざまな仕事をしている人がいて、それぞれの業種、職種でストレスを感じている。40代になってそろそろ最後の転職を検討するという時に、介護業界に目を向ける男性女性は多い。

安定、資格取得可能、求人が多い、未経験歓迎の文字も多い。

年齢もまだ間に合うと感じる人が多い。

しかし、本当に業界未経験で資格なしの人は多いのか?まして40代になってからの介護の道に進む人は多いの?

実際に施設職員の友人や知人がいないと情報もほとんど入ってこないという人は多い。

現場で聞こえてきた声を他の記事でも書いています。

介護へ転職!40代女性にはおすすめ?やめておくべき職?

40代で介護から転職したいベテラン,有資格者の悩み

40代男性が介護に転職!失敗成功の差

実際に採用担当、人事担当を経験してきた視点から解説しています。

40代の転職で介護は未経験者に難しい?

  • 研修がある!
  • 40代以上の人も数多く働く職場
  • 体力をあまり必要としない

このような転職サイトの情報を鵜呑みにして実際に働けると思って入ったらそんなことはなかったという声も多い。

なぜか?原因となる内容をご紹介していきます。

勤務先次第で大きく異なる条件

介護の業界で仕事をする際には、多くの施設が以下のような勤務形態を採用している。

  • シフト制
  • 早番、日勤、遅番、夜勤という交代制
  • 利用者のケアを中心とする業務(排泄、入浴、食事介助など)

どこの施設でも似たような文字が目立つ。しかし、この詳細条件がかなり異なるのです。

例えば、夜勤の時間も大きく異なります。さらに、1回の夜勤、早番、遅番の手当も大きく異なる。

いざ資格を取得した後でも資格手当として支給される金額も多いところと少ないところの差は激しい。

このような条件の違いに最初は気付かないが徐々に職場の人の声が聞こえてくるようになってその業界全体の平均と今の現場の条件を比較するようになる。

「同じ仕事をしているのに、なぜこんなに条件が違うのか?」

こう思うようになると、他の畑が良く見えてしまう。

結果としてやる気も最初の開始時期をピークにどんどん下がっていくという流れがある。

介護施設形態の特性

介護サービスの中には、施設形態がそれぞれ分かれています。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • デイサービス

それぞれサービスの違いがあり、無資格の人が就職した後のイメージと大きく異なることも多くなる。

特に、親の就職する前に親の介護などを病院などでお世話になったという経験者にとっては、介護施設とは大きく違うということも珍しい話ではありません。

仕事の内容とそのイメージの違い。

たったこれだけでも実際に働いてみて楽しみや価値観が後から大きく変わってくることがあります。

資格と責任と将来

無資格でも実際に採用される可能性は高い施設もあります。それくらい人手不足が深刻な状態。

では入社したら、しっかり内容もスキルに合わせて研修制度が用意されているだろうと感がる人は多い。

しかし、現実は違う。

入社してからの扱いは、上司に気に入られるかどうか?こんなことに事業所を問わず多くの新人が気に病んでしまう。

結果、自分は何のためにこの仕事をしているのかわからなくなってしまったという人もいるのが現実。

研修制度とは何か?

この答えは、要するに初任者や実務者などの資格試験対策に対してさまざまな工夫をしているというケースが多い。

どんどん資格を取ってくれれば、当然企業としても登録する人が多い分点数が加算できる。

だからこそ、社員の教育に力が入るようになる。しかし、働いてようやく場の雰囲気にも慣れてきたという人が少ない。

結果的に試験対策を求められた頃には、もう他の人間関係などに身も心も疲れ果ててしまった状態。

こんな状態でさまざまな資格の勉強など集中できない。

そんな人の声が現実には出てきているのです。

 

未経験から介護へ転職して後悔する人の特徴

どんな人なら長く続けることが可能なのか?

これから50代になる前に自分自身がせめて世代別の平均給与くらいは稼げるようになるのか?

こんな悩みを抱えている人向けに解説していきます。

異業種転職で挫折する理由は給与

年収400万円から600万円台を稼いできた人たちからしたら、同額程度の給与が将来稼げるかどうかが非常に重要になってくる。

しかし、実際実務経験を積み重ねたとしてケアマネージャーなどになったとしても給与はどうでしょうか?

どんな職種でも結果として、その資格を持つ人はたくさんいるという状態になれば当然平均の賃金も下がっていく。

介護や福祉の業界でも同様。実際に資格を持っていても50代になってパートや夜勤なしの環境を模索する人は非常に多い。

結果、資格をとっただけでは、具体的な業務はすべて支援が必要な状況になる。その人材に高額な手当てや年収を保証するほど施設側は安定した運営をしていないというケースは多い。

もちろん、希望を伝えてもその通りの話が通るということはほとんどないというケースも多くなっていく。

結果として、国家資格を有する人材が余ってしまうという状態がすでに始まっているのも現実になりつつある。

自分がこれから先は、本当に給料を稼ぐことができるのか?

主に自分の収入が気になっている人なら、この点は非常に重要な問題になるはずです。

しかし、初めての仕事となると、サービス提供事業所からの説明がちょっと期待できそうな回答をもらえたらその気になるだろう。

結果それが本当にそうならないとなった時には、もう完全に自分の年齢的にも動きを取れなくなってしまう可能性も考慮しなければいけない。

もし本当にお金を稼ぐことを優先しているのなら、他のいくつかの職種も並行して面接を受けておくことをおすすめしたい。

サービス提供者に徹する人

30代までにそこそこの人生経験を積んできた。社会人としてそれなりに給料ももらえる立場になった。

年上も年下にもある程度地位も認められる仕事はしてきた。

でも今までの仕事はすべて人にかかわることができなかった業務が中心。

これからはもっと人に直接喜んでもらえるような仕事をしたい。

こんな考え方をお持ちの方には、体力的な面と金銭的な面をクリアすることができればやりがいを感じられるはず。

しかし、そういう人が今の介護現場を見ると、その中には、以下のような現場もある。

  • サービスの提供や対応にストレスが増える状態
  • 同じ立場の同僚もあくまで数時間を過ごすだけの感覚でしか仕事をしていない
  • 指導を受ける人も荒さがしばかりやっていて雰囲気が悪い

このような状況を垣間見るとすぐに辞めたくなってしまう。

言葉的な表現にすると、「やってられない」ということになってしまうケースもある。

こういうタイプの人は、わずか1日2日で退職をするとか1、2週でこなくなってしまうということもあります。

やはり組織である以上、個人ではなく、中にいる人の連携が大切。

それが全くない雰囲気だと察知してしまう人はなかなかステップアップという段階に進むよりも前に完全に嫌になってしまうということもあります。

成熟期どころか施設数が増え過ぎたせいで、結果何を違いにするべきかを模索しているような状態。

これが今の介護の現場での問題点であると先に認識していたほうが良いと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。