40代の転職|介護業界に多い悩みまとめ

40代になってからの介護への転職または介護からの転職を検討する人は多い。

福祉介護、医療という3つの分野で2020年は新型コロナの影響により、クラスターの発生やストレスなどの影響により退職希望者が増加している。

特に多いのが、以下の要因。

  • 人間関係
  • 給料や待遇
  • 将来性

安定していると思われているが、今では多くの事業所が廃業の危機に見舞われている。

介護へ転職!40代女性の課題

介護の仕事をしたい未経験や無資格の女性が職場のことも全くわからないまま施設に就職するのは簡単なのか?

人に携わることが好きというだけで選べる仕事ではありません。

介護へ転職!40代女性にはおすすめ?やめておくべき職?

 

40代男性の転職|介護はきつい?

体力的に徐々に衰えを感じる者は多い。今の自分の年齢としても体力的には自信があるという言葉を口にしている人でも業界に入ってから働き続けるのは困難と別の道を探す人も数多く存在する。

その背景をご紹介しています。

40代男性が介護に転職!失敗成功の差

 

40代で介護への転職|未経験者の悩み

  • 充実した研修
  • 良好な人間関係
  • 週休3日の勤務形態

転職サイトの求人情報を見るとさまざまな魅力あふれる内容が書かれている。しかし、その先では実際にその通りの条件と言えるのか?

この問題は、職種、業種を問わない点でもあります。しかし、実際に正社員になった後でも離職率の高い業種、職種として常に定番となっている現実はどうしてなのか?

40代の転職!介護未経験からの挑戦は無謀?

 

介護から転職希望|40代の悩み

正社員になって安定した時間を過ごしているのに、その仕事を捨てる人もいる。その理由は人それぞれ。

最初からこんなことになるわかっていればこんな仕事を選ぶことはなかったという声すら聞こえてくる。

介護施設の種類を問わず、経験を積み、それなりにサービス内容も頭にはいっている状態。

施設側にとっても大切に扱うべきスキルの高いスタッフでも結果長く続かない事情がある。

40代で介護から転職したいベテラン,有資格者の悩み

このように見ていくと、結果的に無資格や未経験の状態からスタートしても生き残るのはかなり難しいというのが現実。

働いてみたいと思っている時と働いてみた後に見た現実は大きく異なる。

これは、どんな仕事でもいえるが、昔から何も変わっていないという見方をすると、施設側がまだ働く人を活かしきれていないと感じることは多い。

  • 研修制度も曖昧。
  • 待遇は過去に比べれば改善されている面もある
  • でもそれ以上に社員同士の関係は依然よりも肩身の狭い空間になった

こんな状態になってしまっているのが現実だと思っています。

このサイトでは、少しでも福祉介護の関連に興味をお持ちの方にこれからの生き方を考えるきっかけにしていただきたい。

人材募集をする施設側の支援をさせていただきながらも現場での離職率改善を今一度考え直すきっかけにしていただきたい。

事業所側が希望する人材を募集しても集まらない理由は何か?

その答えは、年代を問わず、過去に応募をした人たちが次の施設を検討する理由や負担となっている部分をきちんと目を向けていなかったことが原因になっている気がします。

ただ単に面接時に過去の経験などを確認することだけが仕事になってしまっていませんか?

その質問に対する相手の答えが出てくる時、どんな目をしているのかを確認していますか?

異業種転職を検討してくれているまたは介護に興味を持つ人がこれだけたくさんいる時代なのに、その人材を活かす方法よりもある程度たくさんの人を使って使える人だけ使う方針になっていませんか?

これでは本当の意味では管理しているとは言えません。

むしろ、衰退することが目に浮かぶような気がしませんか?

 

介護業界の人材不足の原因

社会人の多くがそれぞれの専門の仕事をしています。介護の業界では主に排泄、入浴、食事、調理、生活における利用者への支援を行っている。

専門学校で資格を取得し、就業する人も定年まで同じお仕事をしていることが少ない時代。

しかし、この事業と似た仕事というのはかなり少ないのです。なのに、個人は看護と同様に二度と介護なんてやりたくないと口にする人もいるほど仕事をしている時間の中で今の自分を活かせる環境はないと判断されてしまっている。

これはただ単にその人が悪いだけが原因なのだろうか?

その人をどうすれば活かせるのかをもっとその人の良さを見つけだすことができなかった現場の責任は何もなかったのでしょうか?

事業の継続も危ういと本当に危機意識を持つ事業所様ほどこの点を今一度考えなければいけない時代なのではないでしょうか?

 

PAGE TOP