介護,福祉,医療現場の悩み

静岡県内で医療介護の現場にて人事,Web広告等経営コンサルタントとして15年以上の実績を持つWebconsulからご案内をしております。

今回のテーマは、介護施設の職場環境改善についてのご相談内容。

介護施設職場環境改善方法関連の悩み

介護施設職場環境改善方法

実際に医療法人、社会福祉法人、その他の企業運営を問わず、以下のような点でのご相談が増えております。

  • 職員同士の衝突や派閥等の処理が大変。
  • ストレスを抱えている職員への対処に困っている
  • ニオイの対策案を考えても設備工事などの依頼に困惑している
  • 設備の老朽化に伴い何をしておくべきか相談ができないでいる。

設備という物を対象としての悩みと職員の働く環境。この2つを同時に抱えていると、どうしても全てを同時に処理するのは大変と感じてしまう事もあるようです。

しかし、この点は、あくまで事業計画の立て方次第によって従業員にも利用者にもそのご家族にもご納得がいただける状況を作り出すことは可能なのです。

設備と人の問題を抱えた時

設備の老朽化を修繕、修理する事においては、優先度と費用の問題もあります。しかし、何もしないままもうしばらく様子を見るという考え方を貫くと実際に従業員からの不満の声は増すばかり。

ではどうしたら良いのでしょうか?このような問題も現場で実際に経験し、何をどう処理するべきかを経営上の利点を考えた上で実践してきました。

ただ単に、壊れたから何でも直すという考え方ではありません。中には直すよりもその状況そのものの存在価値を見直す必要があるということも視野に入れて検討していきます。

従業員の悩みはきちんと処理

法人として、職員が何を不満に感じているのかというのは、敏感にとらえておく必要があるのです。

この点を疎かにすると、離職率という問題にも影響を与えてしまうからです。なんでも言えば良いと思われる状況とは違います。きちんと耳を傾けた上で、法人の考え方や現場の中で当事者である本人にやっていただきたいことをお願いする。この対処ができるかできないかによって大きく相手の印象は変わっていくのです。

 

介護施設職場環境改善方法見直し案

 

弊社では、顧問契約をいただきました法人様には以下のような内容をご提案させていただくことがございます。

  • 職場環境改善方法の見直しポイントの整理
  • 設備費などの経費削減におけるポイント
  • 人材におけるストレスケアを含めた対処方法

利益を確保する事も大切ですが、現状での課題を放置した利益確保ではいずれ将来でもっと大きな課題に直面するリスクを抱えてしまう恐れがあります。

だからこそ、5年、10年という事業計画を意識した中で、今の問題に対し、妥協しやすい方法をきちんと見極めていく事が重要です。

修繕積立費としての必要な予算と突発的に発生した際の設備に対する保守、修繕費用。これだけでも処遇改善に影響を与えるような状況にも必ず何かできることがあるはずです。

利益確保と従業員確保は可能な限り同時に進行させていく必要があるのが現代の現場の最も難しい問題ではないでしょうか?

こうしたお悩みを抱えていらっしゃる場合は、ぜひお気軽にご相談下さい。経営者側の視点と従業員側の求める意見を形にする具体的な戦略をご提案させていただきます。

弊社の顧問サービスについては、医療介護専門経営コンサルティングにてご紹介しています。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。