介護,福祉,医療現場の悩み

「介護職1名を採用するためにいくら広告経費は必要?」

採用どころか募集が来ない。

反応がない。

求人広告サービスも今の時代は見るだけという人が圧倒的に増えた。

昔とは全く違う。

それなのに、スタッフ募集を辞められないほど苦しんでいる事業所は多い。

しかし、そもそもそんなに多額の費用を使って掲載する必要があるのでしょうか?

実際に現場で人事、広報、求人担当を経験したからこそお伝えしたいサービスをご紹介。

介護採用単価高額化の背景

数字だけを見れば、驚きの費用が掲載されている。

おおよそ1名採用するのにかかる費用は60万円ともいわれている。

しかし、この数字にはあるからくりが存在する。

掲載利用者を増やすためのロジック

少子高齢化、人口減少、平均寿命の更新。

若い人がますます減っていく可能性がある将来。

今働ける人を確保しなければいけない現実。

こうした中で、人材確保に対する単価を上げているのは何が原因なのか?

それは、人材紹介会社による算出データが入っているから。

単純に、1名採用した時に発生する手数料が高すぎる。

多くの会社を調査すると、平均的に見て20%以上という推移がある。

こんな資料を用意するのはなぜか?

この目的は、いたってシンプル。

広告経費を掛けなければ人は採用できないと現場を知らない多くの営業担当に話をさせるためだと私は考えた。

現場を知らない。

でも会社の広告を利用してもらわないと自分の立場がが危うい。

こんな求人広告業界の営業マンの不安がサイト等では高額化という対象データで公開されていく。

結果、そういう物だと思い込む担当者がいると思います。

介護採用単価高額化は防げる

実際に、求人広告業界には以下のような概要が目立ち始めた。

無料掲載

しかし、この内容を実際に掲載された後で確認をしたらどうなっているのか?

実際に有料化されたサービスを利用しないとほとんどの人に見てもらう機会さえ与えられていない。

掲載数が多いと思わせるための集客方法になっている。

こんな中に必死に掲載しても効率化とは程遠い。

ではどうすればいいのか?

掲載する枠を考える

スマホ普及により人はますます検索からも離れていく。

近年はSNS化が進み、実際に2019年でも検索者の数が減少傾向になっている。

当然、雇用に関連する転職サイト等の利用も都市部と地方では顕著な差が招じ始めている。

このような中で、何を問題とするべきか?

この答えは、広告を掲載するスペースと内容。

ポイントは以下の2つになる。

  • 求人専用ページを作成する
  • 広告枠を選ぶポイントは、競合他社を見ない環境で用意する。

このような内容を実際に用意することは可能。

法人でも事業所でも対応は可能。

この記事を見るまではそんな方法は全くないと思っている方も多いはず。

しかし、ネット上では、条件を整えることで単独できちんと広告を表示させる方法がある。

そして、その仕組みを知ることで、求人応募が増える仕組みも理解ができるようになっていく。

掲載期間と費用比較

実際に弊社が扱う求人広告は、1ヶ月という期間で5万円程度の費用で抑えられる。

そして、採用に対する単価の目安は、公開されている金額の1/4を目指す。

期間として半年の契約を前提としています。

ですから、年間60万円で1名以上の就業を希望する方を集めることが可能になる。

実際にそんなにうまくいくのか?

この内容もきちんとご面談の上でご説明をさせていただければイメージが伝わります。

もう既に浜松市静岡市の各施設様より2020年1月からの掲載開始のご依頼がございました。

今後のWeb環境に対して何をしなければいけないのか?

現場で見ている広告代理店の案内では見えてこない内容をご紹介しています。

介護採用単価高額化は無駄

弊社では、経営に関する企業への以下のようなサービスもご用意しております。

  • 新人育成
  • 幹部候補の育成
  • ストレス対策などの支援
  • SEO対策
  • HP制作(新規、リニューアル)
  • YOUTUBE動画制作

介護、医療、福祉の現場でもこれからの時代は職種を問わずwebの利用方法に注目をしていく必要があります。

どういう人がどんなことをどういう目的で見ているのか?

職種も業種も問いません。

そもそもネットの仕組みを導入することそのものが遅かった。

こんな施設様にも人材確保を目指すために必要な仕組みつくりをご提案しております。

無理のない可能な範囲でのご希望の予算におすすめのプランをご提示いたします。

結果にこだわる

弊社のサービスを導入していただけたクライアント様の状況もきちんとお伺いをさせていただいております。

そのためただ高くて新しい商品が良いという活動はしておりません。

これからの環境を考えた上で、今の時点でやっておくべきことの明確化。

さらに、差別化を図るために次に準備するべき活動。

その過程で、離職率改善等の働き手のメンタル面のケアなども欠かさない。

こうした現場仕込みの施設運営に具体的な流れをご紹介していきます。

だからこそ、効果を実感していただけると確信しております。

企業は広告をもっと有効活用しなければいけない時代になりました。

人材不足は、あくまで求職者の行動に対してのリサーチ不足が原因。

さらに、辞めてしまう時の大半の理由も予測が可能な業種。

その原因は、人間関係。

実際に働いている職員にアンケートを取ったことがありますか?

その内容にどう改善や対策を行動で示しましたか?

こうした1つずつの小さな取り組みが一般の会社を含めて特に介護事業には実態調査が必要不可欠な時代。

職場をきちんと理解する。

現場の求める職員を上手に取り込み、着実に育成する。

こうなれば、退職を希望する方は減っていくのです。

大きなミスマッチを防ぐ

介護施設が大きな誤解をしている。

この答えの1つが入社お祝い金の増額。

現在、20万円、30万円などの入社お祝い金を用意している事業所様がございましたら、それは間違い。

この時代、一般の会社でもそんなことを簡単にはやっていません。

いくら処遇をよくしようとしても結果は1年経たない間に離職をしていく。

これでは何も意味がない。

事業所の負担が、現職員のボーナスに反映してしまう。

これでは、何の成果にもつながらないのではないでしょうか?

継続することが困難になるようなことに挑戦するのは無駄です。

せめて5万円から10万円で提供する金額は十分。

今働く人達が、今ならその金額をもらえたなんて感じたらモチベーションが下がるだけです。

せっかく入っていただけているスタッフがいるなら、今働く現場の社員に5万円を差し出す。

このほうがよほど良い効果を生み出すと思いませんか?

いかに従業員の悩みに寄り添い、新しい方の受け入れ体制を整えるのか?

これが今後の超高齢社会に向けた資格者確保に必要な視点であると弊社はお伝えしています。

別に特別なことをするわけではございません。

あくまで独自というよりもこれまでに全く誰もが使用することを案内していなかった。

たったこれだけの事ですが、この事実を知っているのと知らないのとでは雲泥の差になります。

経費減少。

ストレス軽減。

年間にすれば、人材紹介会社を使う1/3、1/4のコストで新たな複数名の応募が入る。

こうした形を望まれるのであれば、ぜひお気軽にご相談下さい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。